『学園K』連載開始記念!鈴木鈴インタビュー

GoRA Blog

だいぶ遅くなりましたが、皆さまあけましておめでとうございます!

2014年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

2014年一発目の更新はタイトルにある通り、1月18日に発売月刊Gファンタジー2月号より連載開始のでストーリー原作を務めるさんのインタビューになります。

『学園K』とはどういう作品なのかということを中心に伺って参りました!

 


――お忙しいところありがとうございます。本日は、1月18日発売の月刊Gファンタジー2月号より連載開始となった『学園K』について、ストーリー原作を担当されるGoRAオレンジこと鈴木鈴さんにお話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

鈴木 よろしくお願いします。

 

――この『学園K』、かなり挑戦的な企画だと思いますが、企画が始動した経緯をお教えいただけますでしょうか?

鈴木 は、かなり挑戦的ですね(笑)。もともと宮沢さんからもう1作くらい漫画をやりたいよねという話があって、原作は誰がいいだろうかとなった時に、ちょうどそのタイミングで他のメンバーが色々と忙しかったということもあり自分に話が回ってきました。そんな感じで最初はかなりふわっとしていました。どんな内容だったりテーマにするかもその時点では決まっていませんでした。

 

――そこから『学園K』に至るにはどのような経緯を辿ったのでしょうか?

鈴木 宮沢さんから僕の好きにやっていいと言われたので、それならと『学園K』をバーン!と出しました。「何でもやっていい」なら「学園」だろう、と。

 

――すごい速さで決まったんですね。

鈴木 はい、すぐに決まりました(笑)。

 

――学園というと、既に発表されている「K」のゲームも同じく学園が舞台とのことですが、そちらと『学園K』は何か関係などはあるのでしょうか?

鈴木 内容に関しては殆ど被っていません。同じ舞台の全く別の作品、という位置付けです。キャラクターや舞台の設定はこちらからお渡ししているので、同じになっていると思います。例えばアニメ本編での各クランが部になっているとかですね。

 

――この作品の作画を担当される鈴木次郎さんは以前GoRAイエローこと壁井ユカコさんの作品でイラストを描かれていましたが、今回作画担当になったのは偶然だったのでしょうか?

鈴木 はい、完全に偶然ですね。もともと鈴木次郎さんが「K」を好いてくださっていて、壁井さんと作品について内々で盛り上がっていたらしいですが、まさか一緒に仕事をすることになるとはといった感じだったらしいです。

 

――鈴木次郎さんについてはどういう印象を持たれましたか?

鈴木 凄く楽しい方です。「この方とならいける!」と思いました。鈴木次郎さんが持つ各キャラクターの印象などもたいへん面白いです。また鈴木次郎さんは格好良いものから可愛らしいもの、ギャグ調のものまで様々なキャラクターを描き分けられる方で、月並みな言葉ですが本当に凄いと思います。

 

――鈴木次郎さんがこれまでに手がけた作品をお読みになったことは?

鈴木 『まじかる無双天使 突き刺せ!! 呂布子ちゃん』を読みました。僕の作品のテンションであれば鈴木次郎さんにお任せして間違いないと思いました。

 

――となると、『学園K』の雰囲気としては面白可笑しい方向ということになるのでしょうか?

鈴木 そうですね。かなり愉快な感じになっています。鈴木次郎さんの絵柄や作風にマッチするよう、できあがる画を思い浮かべながらシナリオを作成いたしました。

 

――鈴木さんの著作を読むと、シリアスなお話をよく目にしますが、『学園K』ではそういうものは出てこないのでしょうか?

鈴木 出てこないです(笑)。アニメ本編が凄くシリアスなので、『学園K』ではそういう部分は極力抑えて、より楽しいものを作っていきたいなと思ってます。僕が「K」の短編やドラマCDで書いたものが作品のイメージに近いかもしれません。あまり重いことが起きない世界だと思っていただけると。

 

――「面白可笑しく楽しい」がコンセプトなのですね。

鈴木 そうですね。面白くて楽しくて、自分もそこに入りたいと思ってもらえる学園を書いていきたいです。「K」ファンの皆さんはもちろん、「K」を知らない方でも気軽に楽しんでもらえると嬉しいですね。

 

――では続いて制作スタイルのお話を伺いたいと思います。『K -メモリー・オブ・レッド』ではシナリオ形式で、『K -THE FIRST-』ではネーム原作に近い形式でとのことでしたが、『学園K』ではそのようなスタイルをとっているのでしょうか?

鈴木 古橋さんのように絵を描くことはできないので、来楽さんのようにシナリオをお渡ししています。僕自身漫画原作というものが初めてなので、パイロット版のプロットなどを作りながら、編集さんや鈴木次郎さんと試行錯誤しながら相応しいやり方を模索しました。

 

――鈴木鈴さん、鈴木次郎さん、どちらのファンの方も楽しめる要素がたくさん詰まっているのですね。

鈴木 その通りです!

 

――それでは最後になりますが、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

鈴木 『超』葦中学園という舞台に色んなキャラクターがいるということで、本編で関係がクローズアップされたキャラクターたちはもちろん、接点の無かったキャラクターたちの絡みも見ることが出来るところが魅力の1つだと思います。ぜひ楽しんでいただけたらと思います!

 

――本日はどうもありがとうございました。

鈴木 ありがとうございました。


 

いかがだったでしょうか?

本編とはまた違う魅力が詰まった『学園K』が、鈴木鈴さん×鈴木次郎さんのコンビによってどのように描かれていくのか注目ですね。

 

その『学園K』の記念すべき第1話が掲載されている月刊Gファンタジー2月号は全国書店様やネット通販ほかにてお買い求めいただけます。

 

今回の記事はここまでとなります。次回の記事でまたお会いしましょう!

View original post

Advertisements

Suoh MiKoto

赤い 孤高の火 と 誓い
覚えてるの
守たいよ
ずっと。

あなたも、私も。
あなたも、私も。

赤い、尊い、世界の果てても
生きる、喪失、結局全ては終わる。
You are my dear king, ついてるように。

絆、記憶、一緒に過ごしたの時間
優しい、放心、本当に、ありかとう。
君の傍に、ずっとあたたかい。

赤い 孤高の火 と 思い
受けててるの
守れるよ
きっと。

あなたも、私も。
あなたも、私も。

20131128-225953.jpg

http://kiwi6.com/file/qtqb9m7q19

Current Event—— Koizumi: It’s up to Abe to make the move toward a nuclear-free society

In this article, Japan former Prime Minister Junichiro Koizumi on Nov. 12 used his first public session with reporters since retiring from politics to continue pressing Prime Minister Shinzo Abe to abandon nuclear energy. He said that the nuclear reactors should not be restarted, and they should be abolished as early as possible. Then he talked about his tour to Finland. He visited the Onkalo repository, the final disposal site for highly radioactive waste. “Humans are curious,” Koizumi said. “Until that time, how should people tell later generations that the nuclear waste is dangerous so that future people will not try to dig it out thinking, ‘What’s this’?“Letters and languages will change. Is it really possible to continue to store for such a long period?”He also compared quake-free Finland and its stable bedrock to the situation in Japan. “Onkalo will deal with waste from two nuclear reactors. In Japan, there are as many as 54 nuclear reactors,” Koizumi said. “Besides, Japan is an earthquake-prone country and its bedrock is not strong. Where in Japan can we construct such a facility?”

I chose this article because I am usually caring about the nuclear problems, especially about Onkalo repository system, also this event took place in my favourite country Japan. As we know, Japan is a nuclear country. It built many nuclear plants although the tsunami and earthquake are frequently happening. To my surprise, the former Prime Minister Junichiro Koizumi is against to the nuclear systems, I thought he was a political man, he would support the nuclear energy so that they could use it as many useful ways. However, now he is expressing that Japan should not use nuclear energy anymore, they should stop that as possible as they could. His voice makes me feel glad, since I do not support nuclear energy. If we no longer produce nuclear energy, then we will definitely not have anymore nuclear waste, the sigh of Onkalo is surely nonexistent.

Just like what I wrote on my blog, as the way we live now, when would get the retribution? How could we warn the future-distant generations that we have nuclear waste buried underground? Nuclear waste is not like Pyramid and Pharaoh, they would never be found.

Human is smart, yet they always creating things that would possibly hurt themselves. Onkalo spent nuclear fuel repository would be started around 2020, and they will collect all the nuclear waste before 2120. The waste are all going to be closed for 100000 years. I am not able to live till 2120 or 100000 years later, but my future generation will. The all I can do, only tell them, I have live in this such complex, ugly today, full of wars and dangerous; also, desire would never be sealed, go and open Pandora’s box, then the truth will come out. Just let the nuclear waste go into eternity.

http://ajw.asahi.com/article/behind_news/politics/AJ201311120095

 

繰りかえす四季模様 ~ Remember View // Kurikaesu Shikimoyou

この曲大好き!!

kafka-fuura

Sponsored by: burbels

W*M tends to write lyrics that work better as image frames, so please forgive me if logic comes apart at the seams.

Notes:
入ず is probably a form of 出づ(いづ), and the same as the いづ used in いづこ/いずこ.

繰りかえす四季模様 ~ Remember View
 Kurikaesu Shikimoyou
 As the Seasons are Ever Repeated ~ Remember View
さくらさくら ~ Japanize Dream…|東方妖々夢
歌/Kotoge Mai
作詞/w*m
編曲/w*m
Circle: K2 SOUND / C-CLAYS
Album: 麗鳴 RAY-MEI
Event: C77

舞い散る雪の 行き着く場所
少しずつ減りながら 今
色鮮やかな世界へと

maichiru yuki no ikitsuku basho
sukoshizutsu herinagara ima
iroazayaka na sekai e to

The places filled from the fluttering snow
Have slowly started to lessen, and now
We are on toward a world filled with color

長い 長い 歳月
古く 古く 語り継ぎ
遠く 遠く 空に
遥か 遥か 入ず場所

nagai nagai saigetsu
furuku furuku kataritsugi
tooku tooku sora ni
haruka haruka izubasho

Long, long… Woven over long months
Old, old… and years, old tales
Distant, distant… enter the distant sky
Far…

View original post 317 more words

Into Eternity——Onkalo spent nuclear fuel repository

You may not interested in documentary, and so do I. However, this is a documentary I would never forget.

You may do not like nuclear, nuclear wars and nuclear power, so do I. Nevertheless, I would tell you about the nuclear waste, about this place.

Into Eternity is a feature documentary film directed by Danish director Michael Madsen. It follows the construction of the Onkalo waste repository at the Olkiluoto Nuclear Power Planton the island of Olkiluoto, Finland. Director Michael Madsen questions Onkalo’s intended eternal existence, addressing an audience in the remote future.(Into Eternity, Wikipedia)

Before I knew about Onkalo, about nuclear waste, nuclear give me only bad and terrible impression, I never thought I would get a chance to know nuclear, it is more likely not my businesses. As long as I heard a Japanese song from one of my favorite singer, it is called Onkalo, I wasn`t able to find any definition for the Onkalo in the dictionary. It made me curious about it, I found out it is a Finnish means the hidden place or the place was forgotten. Onkalo is a big facility Finnish are building to bury the waste from nuclear.

Later, I did many deeper researches, and got a chance to watch the movie that introduce this nuclear fuel repository.

As humans enter the era of nuclear energy for less than 70 years, we has produced about 300000 tons highly radioactive waste. Underground storage is only the temporary solution. Now, 5 kilometers depth underground, the Finns are building a giant construction in their country to buried the nuclear waste. This is called Onkalo nuclear waste storage, it is a 3 mile long tunnel. In 2100, this will be closed at least 100000 years and not allowed anyone to touch. 

As the way we live now, when would get the retribution? How could we warn the future-distant generations that we have nuclear waste buried underground? Nuclear waste is not like Pyramid and Pharaoh, they would never be found. 

The human being are smart, invented all the high-tech, and created a powerful weapon—nuclear. I remember that a few days ago, in the social class, our teacher lists several earth crisis, she let each of the students rank their fatalness; our final conclusion is: nuclear war is the world’s most terrible disaster. 

Nuclear is currently the world’s most lethal weapon, apparently. I just realized that because of the big earthquake in Japan 3 years ago. As experienced that disaster, Japan noticed the how dangerous the nuclear is. This is a serious problem.

Therefore people decided to “seal” the nuclear waste 5 kilometers underground. How much could the earth withstand? The selfish man would place the fuel deep underground, and without touching for 100000 years, thus they are able to sleep quietly. Hoping they will not be awoke forever, it is just the tiny wishes from human. No matter what the future would be like, that will definitely cause huge pollution to the environment.

Curiosity is irresistible.

So, why to build nuclear…?

The war… to seize… selfishness, greed, desire…

Maybe in 100000 years, even 10000 years, the “Pandora Case” would be open, and it released the devil. The devil’s historical book recorded how ugly the people are, this kind of ugly, have brought disaster to the future. So, now, what is the thing that human buried and sealed million years eventually?

They are the wonderful life,

The ugly today,

A better future,

And the woeful wishes.

Onkalo spent nuclear fuel repository would be started around 2020, and they will collect all the nuclear waste before 2120. The waste are all going to be closed for 100000 years.

I am not able to live till 2120 or 100000 years later, but my future generation will. The all I can do, only tell them, I have live in this such complex, ugly today, full of wars and dangerous; also, desire would never be sealed, go and open Pandora’s box, then the truth will come out.

Into Eternity Movie: http://vimeo.com/46222307

Onkalo, Song by Eiko Shimamiya: http://mp3.zing.vn/album/Onkalo-Eiko-Shimamiya/ZWZAO0U8.html